平清盛と経ヶ島

−経ヶ島建設が与えた神戸市の発展を考える−

関西歴史散歩の会へのリンクバナー
 
ホーム歴史 →安土城趾兵庫津の道芥川山城趾芦屋の歴史(1)芦屋の歴史(2)摂津高山
目 次
はじめに
摂播五泊の制と大輪田泊
経ヶ島築島の目的
経ヶ島という名の由来
松王丸の人柱伝説
経ヶ島建設時期
経ヶ島の仕様
おわりに
付、湊川の変遷

付、湊川の変遷

−平清盛が経ヶ島築島のために流路を変えたのか−

 
古湊川を思わせる地名
(1図)古湊川を思わせる地名
目次「経ヶ島築島の目的」の1図および本項の1図を見ると、古代には、 「古湊川」が天王谷川と石井川が合流する「雪の御所」付近から、自然な流れで南下し、JR兵庫駅の東を通って輪田崎(和田岬)の根元に流れ込んでいたと思われる。地図は見つかっていないが、 証拠として「古湊川」が流れていたと考える筋に、「上沢」「下沢」「永沢」の水が流れる地名や、湿地を思わせる「柳原」や、海岸に近い所に「三川口」の地名が残っている(1図)
江戸時代の地図では、「旧湊川」が「雪の御所」付近から東寄りに流れを変えて現在の「新開地筋」を下って川崎神戸造船所がある岬に向かって書かれ、 これが明治34年(1901)には会下山の下にトンネルを通して苅藻川(かるもがわ)と合流させて現在の「新湊川」となった。余談であるが、 急流のために天井川になった「旧湊川」は、洪水の危険、堤防による市街地の分断、港へ大量の土砂流入の問題があったので、これを解決するために、 会下山の下にトンネルを通して苅藻川(かるもがわ)と合流させて「新湊川」を実現させた。
ところで、「古湊川」が「旧湊川」に流れを変えたのは、いつの時代なのか、また誰かが行ったのではないかと幾つかの説がある。 今の所、和田岬(輪田崎)に流れていた「古湊川」が城下町の建設に邪魔になるので、天正年間(1573〜1592)に兵庫城を築いた池田恒興が、川崎の方へ流れる「旧湊川」に付け替えたという説や、 平清盛が経ヶ島建設のために港に土砂が流れ込まないように付け替えた説、或いは自然に流路が変わったという説もあって、謎のままとなっている。 しかし、目次「経ヶ島の仕様」の3図において、花隈城攻略時の記憶に基づいて描いた『摂津国花熊城之図』には「旧湊川」が書かれているので、筆者は、花熊城を攻略した後に、 その資材を用いて兵庫城を築いた池田恒興が付け替えたとは思えないのである。そう考えると、後は、自然現象か清盛かであるが、ほぼ真っ直ぐな流れの川が自然に逆らってまで曲がることがないと考えるので、 清盛が付け替えたとしか思えてならない。
Creating : Jan 7, 2012